セスキ炭酸ソーダとアロマで掃除(キッチン)

重曹は、お掃除に使うには比較的有名なアルカリ剤です。

重曹よりも使いやすく、使い道が多いものがセスキ炭酸ソーダです。

セスキ炭酸ソーダ(アルカリ剤)は、重曹に比べて水に溶けやすく、重曹の10倍の洗浄力とも言われていて、洗浄力があるのに手荒れの心配が少ないのが特徴です。

変質しにくいので常温で長期保存もできます。

そして、重曹と同じ無機物なので、環境中に放射されても生分解の必要がなく、有機物の界面活性剤よりも環境に優しいのです。

家庭用洗剤として、また布ナプキンの漬けおきなどにもとても良い洗浄剤です。

タンパク質をある程度分解することができるので、皮脂や垢などの軽い洗濯、ひどい油汚れの下処理、血液の汚れ、台所などの油汚れなどのお掃除に有効です。


【セスキ炭酸ソーダのスプレー】

500mlの水にセスキ炭酸ソーダ小さじ1杯

※ドテラ社のエッセンシャルオイルを混ぜる場合は、エッセンシャルオイルは5滴程度入れます。
(2種類入れる場合は、それぞれ2~3滴程度)


【基本的な使い方】

スプレーを吹きかけて布などでふき取る。


【使えるもの(キッチン)】

換気扇、ガスレンジ、クッキングヒーター、グリルの油汚れ、お弁当箱やプラスチック容器などのベタつき匂い、三角コーナー、シンクなどに

※汚れがひどい場合は、スプレーした後、しばらく放置してふき取ったり、基本のスプレーよりセスキ炭酸ソーダの濃度を濃くしたりしてみてください。

オーブン、電子レンジの中の掃除には、セスキ炭酸ソーダ水を布巾などにしみ込ませ1~2分レンジを加熱して蒸気で満たしてからふき取る。

※セスキ炭酸ソーダは、アルミ製品・白木のタンス・土壁・漆喰の壁には使えません。


【浸けおきする場合】

水3リットル程度に大さじ1のセスキ炭酸ソーダを溶かして浸けます。

その後、スポンジやブラシなどでこすります。

ステンレス製品(スプーン、ざるなど)は煮沸します。

その後、ブラシでこする


ドテラ社のお勧めエッセンシャルオイル

【抑(殺)菌】

ラベンダー、ティートリー、レモン、レモングラス、ペパーミント、グレープフルーツ、クローブ、ジュニパー、ユーカリ、アーボビテなど


【抑(殺)真菌(カビなど)】

ラベンダー、ティートリー、シダーウッド、アーボビテ、レモングラス、バジル、ベルガモット、マジョラム、ユーカリ、カルダモン、サイプレス、ライム、ローズマリーなど


【殺微生物】

クローブ、ジュニパー、ミルラなど


【殺虫】

クローブ、ティートリー、サイプレス、ジュニパー、ベルガモット、ユーカリ、レモン、レモングラス、アーボビテなど


【デオドラント】

ラベンダー、ペパーミント、ベルガモット、サイプレス、ゼラニウム、ユーカリなど

フルフィルメント瞑想は、瞑想初心者でも簡単・確実に認識の最も深い空(くう)へ到達する瞑想法です。
深いストレスを解放して、心身ともに癒されて、日常生活が確実に変化していき、眠っている能力も開花していきます。