目覚めの体験


先月のフルフィルメント瞑想公認教師の瞑想トレーニングでは上級ラブマントラで瞑想を深めていきました。

1週間のトレーニングでは、ほとんど瞑想体験もなく…

帰国して数日は、何にも変わってないし身体も重く疲れたような感覚でした。

数日して、それは突然訪れました…。

知りたい事がすべて一瞬で分かったのです。

あっという間の出来事でした。

これまでの人生は内側と外側に分離があって、言っている事、自分の行動に違和感がある状態だったのが、すべてひとつになって、何の分離もなくなりました。

それと同時にすべてのものが愛おしくてハートから塊が溶けて愛が溢れ出てきました。

「愛」は普段使っているものを遥かに超えて無限です。

ずっとあふれ出しているのです。

依然として、古い癖、観念や感情(カルマ)はあります。

簡単にカルマを掴もうと思えば掴むこともできるし、

自分で気づいてハート(摩擦のない領域)に戻って来ることも簡単になりました。

その領域にいると、ずーっと愛が溢れています。

目覚めの体験をしたとしても、啓発したわけではありませんしゴールではないのです。

啓発へのスタートラインに立ったぐらいなのです。

たとえこのような体験がなくても瞑想を実践していけば啓発へ近づいていくのです。

このような体験は、瞑想中に起こるわけではありません。

普通に日常生活で起こるのです。

フルフィルメント瞑想は、瞑想初心者でも簡単・確実に認識の最も深い空(くう)へ到達する瞑想法です。
深いストレスを解放して、心身ともに癒されて、日常生活が確実に変化していき、眠っている能力も開花していきます。