NHK瞑想特集 瞑想でストレスの解放①

数日前のテレビでストレスについて特集していました。

ストレス対策の中で、瞑想が効果的な対策の一つと挙げられていました。

ほんの少し内容をご紹介します。

脳の偏桃体が不安や恐怖を感じると、ストレス反応が始まります。

ストレスホルモンが分泌されたり自律神経が興奮したりします。

そのため心拍数が増えたり、血圧が高くなるといった反応が起こります。

一つ一つは小さいストレスでも、多くのストレスが重なったりすると、危険な状態になりやすくなる。

それは、身体に起こってしまうのです。

血管が破壊され、脳卒中や心筋梗塞、大動脈破裂を引き起こしたりします。

最新の研究では、ストレス反応で、心不全、ガンを悪化させたりすることが分かってるようです。

そのほかにも、ストレスによって身体にさまざまな不調を起こしたりするのです。


【ストレスが関係する病気の一例】

  • じんましん・アレルギー
  • 胃炎
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍
  • 脳卒中・心筋梗塞
  • 糖尿病
  • エコノミークラス症候群
  • うつ病など


ストレス対策で、番組では異なる瞑想を紹介していましたが、フルフィルメント瞑想は身体の不調の原因となる感情(不安や恐怖)などを解放していくので、ストレスの解放には効果的な瞑想法です。


フルフィルメント瞑想は、瞑想初心者でも簡単・確実に認識の最も深い空(くう)へ到達する瞑想法です。
深いストレスを解放して、心身ともに癒されて、日常生活が確実に変化していき、眠っている能力も開花していきます。