NHK瞑想特集 瞑想でストレスを解放②

数日前のテレビでストレスについて特集していました。

ストレス対策の中で、瞑想が効果的な対策の一つと挙げられていました。

ほんの少し内容をご紹介します。

現代の社会では、仕事上のさまざまなこと、人間関係などで精神的に負担をかけるようになってきました。

たて続けのストレスが休み間もなく反応しているのです。

ずっとストレスホルモンを出していないといけない状況になっています。

そういう社会で長期間労働が毎日続いて睡眠時間もとれない。慢性的にストレスホルモンが過剰になっています。

こうした状況を悪化させるひとつの仕組みが最近の研究で見えてきたそうです。

私たちの人類に備わった記憶力と想像力です。

大きなストレスにさらされた場合、その出来事を後から思い出したり、また次も同じ事が起こるのではないかと未来のことを想像したり、そのたびに脳は、ストレスを感じてストレス反応を起こします。

このような目の前の現実ではなく過去や未来について考えを巡らせてしまうことを、

「マインド・ワンダリング(こころの迷走)」と呼ばれています。

最新の研究で、このマインド・ワンダリングが生活時間の多くを占めていることが分かってきています。

目の前のことを考えていないマインド・ワンダリングの時間は、生活している半分近くがストレスを感じやすい状態にあるのです。


今この瞬間を生きること、瞑想によって不要な感情を解放していくことが大切になってきます。

フルフィルメント瞑想は、瞑想初心者でも簡単・確実に認識の最も深い空(くう)へ到達する瞑想法です。
深いストレスを解放して、心身ともに癒されて、日常生活が確実に変化していき、眠っている能力も開花していきます。