NHK「ためしてガッテン」瞑想特集

9月28日(水)にNHKの「ためしてガッテン」で瞑想特集をしていました。
その一部の内容をまとめました。

瞑想はなぞと怪しさいっぱいですが、実は今さまざまな分野で大注目されているのです。
世界的に有名なIT企業や医療機関でも瞑想を取り入れてきています。

瞑想を実践されている方の感想は、落ち着いて物事の判断ができるようになった。
いざという時にふっと振り返って冷静に選択肢を選ぶようになった。とおっしゃっていました。

私たちの脳は、普段その一部しか使われていないと言われています。
瞑想は、脳に秘められたさまざまな力を引き出すことができるのです。

およそ2500年前のインドに、瞑想の力によって人々を苦しみから救おうとしていた人物がいました。
ブッダです。
ブッダはこの時すでに瞑想のもつ特別な力に気づき、多くの人々に勧めていました。

インドの北部にブッダの教えを当時のまま残している地方がありますが、そこで最も注目を集めているのが、一般の人を対象とした瞑想教室です。

なぜ、お坊さんでもない人が瞑想するのか?
そこの僧侶は、本来瞑想とは、宗教や思想とは関係ないものです。

ブッダが考えた心の科学と言えるものなのです。
とおっしゃっていました。

瞑想の効果が科学の力で解き明かされようとしています。
研究で8週間毎日およそ20分瞑想を実践をしたら、海馬(記憶の中枢)の、一部の体積が5%ほど大きくなったそうです。

また、他にも小脳、脳幹などの神経細胞が集中しているところが増加していました。
海馬は、前頭前野など脳の各部と連携しています。

記憶をずっと引き出してくれるのですが、ずっとストレスにさらされています。
瞑想すると、海馬が忙しさから解放されて活発に働けるようになります。

今回紹介されたのが、マインドフルネスという座禅などをルーツにアメリカでマニュアル化されたものです。

マインドフルネスは、呼吸に意識を向けて海馬などを休ませ脳の機能を高めるというものです。

1日に18万7,000項目のことを考えていると言われています。
内容は、ほとんど「過去の後悔」、「将来の不安」が大部分なのです。

そして脳が疲れ果ててしまうのです。
考えないということは難しいことなのです。

なので、瞑想を取り入れていくことが大切なのです。
認知症予防、ストレスの解消などに良いですね。


フルフィルメント瞑想は、瞑想初心者でも簡単・確実に認識の最も深い空(くう)へ到達する瞑想法です。
深いストレスを解放して、心身ともに癒されて、日常生活が確実に変化していき、眠っている能力も開花していきます。